乾燥肌で皮がめくれる|荒れた肌に保水力のあるエイジングケアを | 肌改善して美肌になる方法






乾燥肌で皮がめくれる|荒れた肌に保水力のあるエイジングケアを

乾燥なんかに負けない!潤う肌へ変身

求めていたのは保水力でした とろみのある化粧水がじんわり浸透!

敏感×エイジングケア decenciaアヤナス

乾燥肌で皮がめくれる人はとりあえず化粧は一旦辞めて紫外線カットのする日焼け防止剤だけにしましょう このこの日焼け防止剤やクリームもクレンジングを使わないといけないような強いものは塗らないようにしましょう どうしても化粧をしないといけないのでしたら、クレンジング剤を使用しなくても良い化粧下地とその上にはミネラルパウダーを付ける位にしましょう



実は、乾燥肌で皮がめくれる状態はお肌にとってかなり深刻な状態だと言えます、おそらく化粧水を塗ったりすると染みて痛いのでは?このまま赤く腫れて痛くなるようでしたら皮膚科医を受診した方が良いでしょう



乾燥肌が進むと皮がめくれてしまいますが、これは肌の表面にある角質が剥がれている状態なのです、角質は肌全体をおおっていて、紫外線を始め花粉や汚染された空気など外的な刺激から守ってくれていたのです、これを肌のバリアー機能と呼びますがこのバリアー機能が壊れてしまったのでとりあえずは応急手当が必要となります



受診するまでもなく様子みで大丈夫でしたらその場しのぎにはなりますが、ワセリンを塗るという方法もあります、ワセリンを塗ってもバリア機能が回復するというの問題の解決にはなりませんのでご注意下さい、肌に紫外線を侵入っせたく無いのでUVカットの日焼け止めを必ず塗って下さい



乾燥肌は季節の変わり目にもなりますが、もしもあなたが40代に近い年代又は超えて来たのでしたら年齢による肌の影響も考えられます、女性は元々、肌はどうしても乾燥がちなのですが年齢が上がるとどうしても女性ホルモンの関係から乾燥肌になるのです、日々のスキンケアの内容を年齢とともに見なおして見る必要があります



肌のバリア機能を回復するにはなんと言っても肌の水分の補給が必要です



人によっては、ずっと若い頃から愛用の化粧品がおありだと思います、同じメーカーでも肌の年齢によって、化粧品の段階があるはずです、肌は年齢とともに衰えてきますので、年齢に合わせた栄養を補ってあげないと、肌の若さが保てなくなるのです

水分補給なら化粧水をたっぷりと塗れば良いのでは?と思われがちで良くパックをする方がいます、パックにたっぷり化粧水を染み込ませて肌にのせて保湿をしているつもりでも年齢肌には全然肌に入っていかなくなっていますなお、パックはやり過ぎると、パック剤が乾燥してしまい今度はお肌の水分を奪い去ろうとするのでパックは早めに切り上げましょうパックは肌の表面を湿らせているだけです、本当に肌を潤すには化粧品の中に含まれている成分を今一度見直しして下さい



年齢と共に色々なお肌の成分が不足してきますが、特に不足すると肌の老化や乾燥に影響するのがセラミドという保湿成分です、セラミドと一口に言ってもピンからキリまであります、本物に近いセラミドを補わないと化粧水を肌に付ける意味がありません



肌の中で水分を維持する力が無いのに意味のない化粧水をいくらペチャペチャ付けてもザルに水をためているようなものなので時間が経過すると化粧水は蒸発してしまい元の乾燥肌に戻ってしまいます



セラミドという保湿成分をを補給する事によって肌の奥で水分を維持する力を取り戻します、本物のセラミドが配合されて化粧水を塗ると時間が経ってもエアコンにの風に吹かれても肌が乾燥する事はありません、本物のセラミドは高価です、安価な化粧水にもしもセラミドが含まれているとしたらそれは付けても意味の無い名ばかりのセラミドと言えるでしょう



安いセラミド入りの化粧水を使っても恐らく肌の乾燥は改善されないでしょうから、改善されな場合は買い替えた方が良いでしょう、最近では肌が荒れて角層がはがれてしまった方にも安心して使えるしみないセラミド入りの化粧水もあります ただ肌に合うかどうか解らないので一度サンプルで試されたら良いでしょう



潤いの膜が外部刺激から肌を徹底的に守り抜く セラミドをナノカプセル化して肌の奥まで潤いを届ける

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

敏感肌にハリ肌「パンっ!」 decenciaアヤナス