生理前の肌荒れとホルモンの関係|皮膚科医が教える美肌ケア | 肌改善して美肌になる方法






生理前の肌荒れとホルモンの関係|皮膚科医が教える美肌ケア

もう生理も怖くない!ずっと美肌を手に入れます

95%が潤い実感!乾燥知らずの肌へ!

女性は生理の前になると必ずニキビができてしまったり生理が近づくと脚がパンパンにむくんだり生理痛が想いなど女性にとって生理は気分がとっても沈みがちになります



また来たと憂鬱になってしまいます このように、ホルモンのバランスが変化する生理は肌にも身体にも大きな影響をもたらしています まずは女性特有の2つのホルモンがある事を少しだけ説明します、 肌の不調をもたらすのは黄体ホルモンと言われるホルモンです このホルモンは皮脂分泌を増やしてニキビやシミを出来やすくさせるものと言われています



むくみやイライラの元になっているのもこのホルモンです、 皮膚科医の吉木伸子先生によりますと、 生理前の肌は普段よりも肌が弱る傾向になります

美白ケアやアンチエイジングなどの積極的なお手入れは控えましょう、 保湿中心のシンプルなケアに徹すると方がいいでしょうと言われています もしも、いつも2つの化粧品でお手入れをしているのでしたら 1つだけに絞ってみるのも良いでしょう



ただシミができやすいのでUVケアはしっかりと行いましょう、 また、生理前にニキビができる人も多いものです 黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が増えることが影響しているので、 この時期は特に洗顔で皮脂をきちんと落として、 油分の少ない化粧品で保湿すると良いでしょう



ただこの時期に大人ニキビができる原因はストレスや不規則な生活によるホルモンバランスの乱れが最大の原因です 普段の生活が不規則だったり、日頃からストレスが溜まったりしていると 生理前の肌や体調の不安定が一層強まるので気をつけましょう



生理の前には肌に対して憂鬱なことが多いのですが 反対に、生理の後には卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まるので 今度は肌をみずみずしく潤してコラーゲンを増やすなどの作用があります



美肌はエストロゲンに大きく影響されているのです エストロゲンのそのものの働きは生理周期をキープして 妊娠に向けた身体づくりをしています 大切な体です、無理なダイエットをしたり過度なストレスがかかったりすると エストロゲンが低下しますので生理不順などが起こってしまいます、 肌の老化はみるみる早まってしまします 生理は美肌と健康のバロメーターと言えるでしょう

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

潤い美肌に感動!ラ・ミューテ美肌セット