日焼けあとはスキンケア化粧品で美白ケアを|ゴワ肌をしっかり改善 | 肌改善して美肌になる方法






日焼けあとはスキンケア化粧品で美白ケアを|ゴワ肌をしっかり改善

日焼けあとスキンケア化粧品はしっかりしてますか?

肌は紫外線のダメージでコラーゲン不足の夏枯れ肌になっています 夏の間に、強い紫外線やエアコンによる乾燥など過酷な環境にさらされたあなたの肌は「化粧のりが悪い」「シワやシミが目立った」というトラブルを感じる人が多いのではないでしょうか?



この時期の肌トラブルの原因についてですが、とくに紫外線のダメージの蓄積が考えられます 紫外線はシミはもちろんの事、シワの原因にもなります、紫外線によって皮膚細胞のDNAが損傷し、さらには肌のハリや弾力のもとになる真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊されることがわかっています



コラーゲン代謝について研究している方によりますと「紫外線を浴びた肌では新しいコラーゲンを生み出す事よりも、古いコラーゲンを分解する事の方が促進されてしまいバランスの悪い状態になる」とか



また、活性酸素が増える事で細胞レベルでの炎症が起こり、様々な肌トラブルの原因になると言われています 肌の中で炎症を起こしているのですね、どうりで日焼けした肌は火照るはずです、あれはやはり肌が炎症を起こしていたんですね



夏に傷んだ肌を手当する為には、まずは基本のスキンケアをしっかりとする事が肝心です、「表皮のバリア機能が低下した状態なので保湿を念入りにします抗酸化作用の高いビタミンC入りのコスメを活用したり、 角質ケアで肌の生まれ変わりをサポートするのもお薦めです(ピーリングなども含みます)」



加えて実践したいのが、食べるスキンケアです、肌細胞を酸化から守る為には、肌の生まれ変わりを助けるといった働きが、期待できる食材を紹介します、綺麗な肌になって秋を迎えましょう



夏に受けた枯れ肌のダメージをリセットして潤いとハリのある肌を目指すために始めたい、内からのスキンケアですが特にお薦めなのは抗酸化作用の高い食材です紫外線は肌老化させているのでリフレッシュが必要です



紫外線によって過剰になったは体の中の活性酸素を抑えてシミやシワができにくい肌をつくる トマトやベリー類などの色の濃い野菜やフルーツに含まれる色素成分カロテノイドや ポリフェノールには強力な抗酸化パワーがあり、肌を守ってくれます



たんぱく質をとることが第一です ラットの実験ではたんぱく質を全く取らなかった場合、1から2日後にコラーゲン合成の現象がみられたと報告されています

肉や魚、大豆、卵などからこまめにとりたいものですね、コラーゲンそのものをとる効果についても研究が行われていますが、「1日に5グラム以上とったときに効果が出ている研究が多いそうです



食品としても意識してコラーゲンは摂取した方が良いということですね、肌をよみがえらせるポイントとしては、これからの主奥材をバランス良くとること、コンビネーションで偏りのない食事が大切だそうです



紫外線は極力浴びない方が良いのですがそんな訳にはいかないので、食事にも気をつければ紫外線から肌を守る事になりそうですね。